医療脱毛とは?その種類について

医療脱毛とは、厚生労働省の許可を得ている機器で、医師が行う(もしくは医師立会い)のもとで行なわれるものを指します。

ですから、必ず医療機関、病院で施術を行うものであり、エステでの脱毛行為は、これに当たらないことになります。医療脱毛には光、レーザー、電気の機械で行う方法がありますが、医療脱毛というと、医師しか施術できないレーザーが一般的です。

様々な種類があるのは、脱毛の状態によって使い分けできることを指しますが、レーザーが一番強い威力があります。ですから、剛毛であったり、毛深い方は短期間で施術効果を味わいたい方に、レーザーがお勧めです。医療脱毛の代表のレーザーは、黒いものに対応できるようなシステムになっています。

脱毛したい部位に当てることで、黒い毛を見つけると、その下にある毛母細胞にまで影響を与え、細胞を壊していきます。そのことにより、その後の発毛を阻止することが目的です。その毛母細胞に打撃を与えること自体、医療行為です。熱を発し、熱さも感じることから、人によっては軽い火傷の症状になることもあります。レーザー脱毛をした後に、炎症が起きたり、赤くなってしまったということも聞かれますが、その時には医療行為としての処方箋をだすことができます。たいてい、レーザー脱毛をする時には肌を冷やしながら行うことが多いですから、そのようなトラブルも少なくなっています。また、以前脱毛で主流だった針脱毛も医療行為になります。こちらは1本1本丁寧に脱毛する施術ですが、時間もかかり激しい痛みが伴うもので、今ではあまり行なわれていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *