脱毛と除毛の違いとは

脱毛と除毛、毛をなくすことには変わりがありませんが、意味は異なります。

脱毛とは、毛根から引き抜く、毛根から取り除くことです。医療機関やエステサロンでの施術や、家庭用脱毛器、毛抜きやピンセット、ワックス剤などは毛根から毛を取り除くことができるものです。

除毛の場合は、皮膚表面にある毛を取り除くことを指します。カミソリや除毛クリームなどを使用し、皮膚から出ている剃ったり溶かしたりして無くすことができるものです。どちらの方法にせよ、毛が生えるもと、毛母細胞が残っていれば再び毛は生えてきます。毛を生えてこないようにするためには、毛母細胞を破壊する必要があります。

それを可能にするのは医療機関で主流となっているレーザー脱毛です。レーザーは毛母細胞や黒いメラニンに反応して破壊する威力を持ちます。レーザー以上の効果があるのが、ニードル脱毛です。毛穴ひとつひとつに絶縁処理した細い針を刺し、針に微弱な電気を流して毛母細胞を破壊するという方法です。毛の再生率は最も低い方法とされ効果は高いのですが、レーザーよりも痛みが強く、一本一本施術するので時間がかかる、費用も高いということで、最近は医療機関でも取り扱うところは少なくなってきました。

医療機関での施術はレーザーが主流で、エステサロンでの施術よりも痛みを強く感じる人は多いですが、広範囲での施術が可能で、少ない通院回数で満足のいく状態になるというところが人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *