自分で行う顔の産毛の脱毛方法

鏡を見た時に自分の顔の産毛が気になってしまうことがあります。

そのため産毛を脱毛する人も少なくありませんが、産毛を脱毛することによって光の反射を妨げることがなくなり、光が角質層や真皮に反射するため透明感のある白い肌に見えるようになります。また産毛が濃いと肌がくすんだように見えたり、化粧のノリが悪くなってしまうことがありますが、それも改善することができます。

自分で産毛を脱毛する際に手軽で簡単にできる方法としてはカミソリでの処理があります。用意するのは顔用のカミソリ、洗顔フォームまたは洗顔せっけん、化粧水、乳液です。まずはしっかりと洗顔して顔を清潔な状態にします。その後、洗顔フォームまたは石鹸をネットなどを使ってしっかりと泡立てて処理をしたい部分につけます。

そうすることで肌を保護して角質を傷つけないようにすることができます。このとき使うカミソリは必ず清潔なものを使うようにすることも大切です。さびてしまったり汚れているカミソリを使ってしまうと、角質を傷つけてしまいやすく、その傷から雑菌が入り込んでしまうと肌トラブルの原因になるので注意しましょう。力を入れすぎず優しく剃っていきます。

剃り終わったら、残った泡などをしっかりと洗い流し、清潔なタオルで優しく水分をふき取りましょう。その後は化粧水や乳液を使って肌をしっかりとケアしておくようにしましょう。カミソリでの脱毛処理は頻繁に行ってしまうと肌に負担をかけてしまうので、3週間に1度くらいのペースで行うようにするのがおすすめです。
難波で女性の脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *