潰して治すニキビ治療

ニキビができると、どうしても気になって触ったり潰したりしたくなりますね。

しかし、その時に触ったり潰したりしたら跡になる、悪化するから絶対してはダメという話はよく知られているのではないでしょうか。これはある意味本当ですし、素人がニキビをいじって何とかしようとするのはやめた方がいいです。

ただその一方で、潰して治すというニキビ治療法があるのです。潰してはいけないのにどうして潰して治すことができるのでしょうか。これは、圧出法と呼ばれる皮膚科での治療法で、専用のコメドプッシャーという器具を使って角栓を押し出すのです。

角栓を押し出すと治りが早く、凸凹もなくなるので見た目の改善にも即効性があります。自分で潰すのと何が違うのかというと、皮膚科ではきちんと滅菌処理をして施術をするということです。自分でやるとどうしても雑菌が付着してますます悪化することにもなりかねませんし、奇麗に押し出せないと傷になってこれがひどい痕になる可能性があります。

ただ皮膚科で治療するにしても、潰すという行為になるので結構痛みは伴います。たくさんニキビができていて、これを全部潰すとなるとかなり辛いかもしれません。ですから、数が多すぎる場合は圧出法でなく塗り薬で対処した方が良いでしょう。数が多い場合はますます早めの通院がお勧めです。塗り薬である程度数を減らしてから圧出法をするというやり方もあり、できるだけ早く治す方法を医師と相談のうえで決めるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *